二児の母になる!日記

<   2008年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧




親ばか

自分は親ばかから一番遠い人種だと思っていました。

だいいち、親ばかたちに共感したことなんて1ミリもなかったし、
「自分の子どもが世界一かわいいなんていうやつは信用しない」くらいに思っていた。
前も書いたように、子どもにもあんまり興味なかったし・・・

酷いやつなんです、私。


が、しかし。


ばかを承知で書かせていただくと。

詩、、、かわいい、、
ばかっぽすぎて大きな声では言えませんが、
もしかして世の中で一番かわいいんじゃないか、と思う。

うんちもおしっこもいいにおい。

自分がしてきたような、思春期にあふれるパワーを制御できなくて、勢いあまって酷い発言をして親を傷つけるような、そんなやつにはなりっこない、と思う。
いつも、いつまでも心が通じ合ういい子に違いない、と。

そんなわけないんだけど。

「そんなわけない」というのは、嘘にちかい。
かろうじて、理性が「一行、そう書いとけ!」と私に言っているので、仕方なく書いている。

お産の痛みが、直後に忘れるようにプログラミングされているように、これもきっと天馬博士みたいな人がプログラムしてくれたことなのか。

ついでに、すれ違う子どもですら、どんな子も、貴重で大切な存在と思うようになってしまった。

子どもを産むってことは、これほど人に変化を与えるのですねぇ。
子どもを育てる野生の動物をTVでみると、共感して泣ける。
自分も動物だって、思う。
多分、産まれて初めて思う。

どうした、私・・・!
[PR]



by tekumaki | 2008-03-28 20:05 | こども

2週間検診

2週間検診に行ってきました。

病院によるんでしょうが、私の行っている病院では生後2週間と、1ヶ月で検診があります。

検診=詩、初めてのおでかけ。

おでかけ、疲れる。
正確にいうと、おでかけ準備が疲れる。

お風呂にいれて~荷物(おむつとか)準備して~などなどですが、その間にいつ詩が
起きてお腹がすいたと言い出すか、うんちするかという予測不可能な要素に右往左往。

最終的には、飲ませれば寝るだろう、ということで麻酔(ミルク)を与えて出発。

体重も順調に増えて2860グラム、問題もとくになし、というわけでひとまず安心しましたが、
待合ロビーで眠りこける詩、それをだっこしながら疲れて眠りこける私(&母)。

連日の睡眠不足に加えて、このイベント、予想外に体力奪われた~。

でも、慣れないと自分のお出かけもできなくなっちゃうもんね。
来年の春には花見ピクニック行って代々木公園でワイン飲みたいもんね。

ちなみに、子どもの検診=4000円、私の検診=4000円。〆て8000円なり~。
生まれてからもお金かかるのね・・
[PR]



by tekumaki | 2008-03-26 00:57 | こども

名前きまりました。

産まれて12日目。
やっと名前が決まりました。

詩=うた。

感動、気持ち、自分を上手に表現できるひとになるように。
思わず鼻歌がでるような人生になるように。
うきうきのSINGING生活を!

以後お見知りおき願います。

名付け、久々に力を使う作業でした。。。
[PR]



by tekumaki | 2008-03-20 23:57

退院しました~



先週金曜日に無事に退院しました。

実家で子育てスタートして4日目。

今のところ、元お腹の人の生活は、

4時間寝る

おむつ、乳

4時間寝る


以下繰り返し

新生児にしては、よく寝るほうみたい。

しかし、退院してきた初日はちびっと泣くだけでびくーっとしました。
やっぱり実家に戻ってきてよかった、と思う。

産まれて9日め、トリガラみたいだったカラダがちょっとずつぷくっとしてきております。。

d0150644_14365457.jpg

↑いただいたべビ用せっけん。さっそく活躍してます!
[PR]



by tekumaki | 2008-03-18 14:38 | こども

乳、じんわり

入院三日目。

今朝から、乳が張る。
ジンジン痛い。
かちかち。
熱っぽい。

体内で何か新しいホルモンが分泌されているのを感じる。

でも乳はまだ、じんわりとしか出ない。

ビュッとでるにはまだもう2~3日かかるみたい。

しかし、なんだこの硬さは。。内部で一体何が行われてるんだ。。
[PR]



by tekumaki | 2008-03-12 19:56

乳、でません。

産後二日目。

昨日から授乳に挑戦してますが、出ないよーう、、一滴も。出なくても吸わせなさいていう指導なので形だけやってますが、娘、吸い付きがよくて痛い。。まだ出てないのに。。

授乳時間は決められていて、1日六回。授乳室って不思議な空間。いろんなおっぱいにいろんな子供が吸い付いていてくらくらします。ついつい他人を観察しちゃって、自分のことに集中するのに時間かかる。。

入院中はこれが赤ちゃんに触れる貴重な時間。なるべく時間かせいでゆっくりやってます。
毎回、反応がちょっとずつ進歩してるような気がする。最初は大丈夫だったのに、哺乳瓶にぶへーっと嫌な顔したりとか。。

次も楽しみだっ
[PR]



by tekumaki | 2008-03-11 18:42

産まれました

3月9日14:45に女の子を出産しました!あの、増加した体重はどこへいったのか、2505グラムのちいさめちゃんでした。

人間ってすごい、つい昨日のことなのに、お産のつらさはもうほとんど覚えてません。。神様に、そのようにプログラムされてるんですな、きっと。

でもまだ記憶しているうちに日記にします。

8日の午前3時にお腹が痛くて目が覚め、気付いたらおしるしが。前回のフェイク陣痛の二倍の痛さが続き、6時に入院。

入院してから、夫と母が交代でつきそってくれました。ありがたい。一人では心細いし、助産師さんもずっといるわけじゃないから不安。。

ここからが長かった!!!
9日の朝まで踏張ってみるも、陣痛が微弱でなかなか赤ちゃんが下りてこられない。
微弱っていうけど、もうすでに転げまわるほどいたい。

私の場合、陣痛の間はあぐらの姿勢が一番楽だったです。
一番楽でも痛いけど。

9日午前中に、陣痛促進剤を点滴しはじめて、ほどなく、それまでの倍の強さの陣痛!!薬がきくとわかったら、量も増やされ、もう叫ぶほど。最後はお腹をぎゅんぎゅん押してもらってやっと出た!!!!

産まれたあとは、とにかくほっとしたぁ。。

でも、、赤ちゃんかわいい!お腹の中にいたときと同じ動きをしてるのをみて、なんだか妙。この子が本当にお腹の人と同一人物なのね、としみじみ実感してます。
[PR]



by tekumaki | 2008-03-10 20:08

育育児典

d0150644_18281924.jpg

「育育児典」(岩波書店)
毛利子来・山田真著

何か、基本的で信頼できる育児書ってないかな~と探していて、勧められた本。
毛利氏も、山田氏も、小児科の先生です。

基本的には、気張らず、情報に惑わされず、周囲と共同しながらの子育て。

特に、買う決め手になったのは、こんな考え方↓
・「親」は、その役割のために存在しているのではなく、親になってしまったことが宿命的なことなのです、だから親も自分を大切に~、
・子どもの個性をいかす、&(ほかの子と比べて)発達にこだわらない、、

などなど。
本自体は、「暮らし」編と「病気」編で構成されてます。

妊娠して、初めて周囲に報告したとき、感じた違和感がある。
みんな、「赤ちゃんが産まれる」って言う。「いつ産まれるの?」とか。
自分ももちろんそれまではそういっていたんだけど、当事者になって初めて、「いや、産まれるんじゃなくて、私が「産む」んじゃないの?」と思った。

お腹の人が大きくなるにつれて、自分と、お腹の人が別の個体だって実感してくると、あまり気にならなくなったんだけど・・

この本を読んでいたら、こんな説明が。
「お産は母親の意思と努力で産めるわけではない。実は赤ちゃんは母親に力を出させてくれ、その力に応じて、自分で生まれてくるようにできているのです」
(詳しいことは省略・・)

そうか、と納得。

これから起こることのいろいろは、主体は赤ちゃん、私はアシストなのね!
そして、私は生まれてきたときにそれを経験してるんだ、と思ったら、ちょっと気が楽に。

もっと早く読み始めれば良かった。
産まれるまでに、どこまで読めるかな~~?

今日はちょうど検診でしたが、まだもうちょっと、時間かかるかもしれない、と先生。
いつになるんでしょうねぇ?
[PR]



by tekumaki | 2008-03-07 18:31 | ほん

ついに40週!!

明日、めでたく40週を迎えるお腹を記念いたしまして。

これが90cm超級のお腹だっ↓
d0150644_171440100.jpg


そして、これは何でしょうー!↓
d0150644_17202076.jpg

ある人は「ボタン!」といい、ある人は「うまそう~」といい、またある人は「月?」といいました。


はて、さて。
[PR]



by tekumaki | 2008-03-06 17:25 | からだ

陣痛・・・・?

昨日の夜のこと。
なんだか子宮のあたりが『ぎゅーーーーーっ』と痛い。
最近はお腹が張ることも多いので、気にせずに「明日のきたよしお」を観ていた。
物語が佳境に入ってきましたねぇ。小日向さん好きです。

痛みはすぐやんだのですが、気づくと定期的に『ぎゅーっ』と痛い感じがする。15分に1回くらい。かれこれそんな状態が2時間くらい続いていた。

これは、、もしや。陣痛???
でてくる気か?お腹の人よ!!

病院には「陣痛の間隔が5~6分になったら入院ですよ」といわれていた。
まだ時間がありそう。
お風呂もはいったし、荷物も準備万端。

痛いのが酷くなるまで、仮眠しといたほうがいいよ、という母の助言に従い、横になる。
横になるが、痛みが気になる。しばらく時計をみながら、お腹の痛みを数えていたんだけど・・・
いつのまにか。
そのまますーーーーーーーっと

寝た、朝まで。
今日は、なんともなし!!

フェイクだ!フェイク陣痛だ!!!!だまされた!!!

もしかして、早く産まれてほしいと思う気持ちがそうさせるのか?
(↑仮病の発想に近い)

そんなわけで、お腹の人は、まだお腹の住人のままです・・。

初産ということは、お産がどうはじまるか、わからない。(二人目以降も、わからないといえばわからないけど。)起きることは確実だけどどんな感じに起きるのかわからない、ていう状況に翻弄されております。

次はどんなフェイクが飛び出すか・・
本番が一番いいんですけど。
[PR]



by tekumaki | 2008-03-05 12:35 | からだ

2008年3月に長女のシショーを、2010年2月に、長男の坊主を出産。じんわりと「母」になっていく日々の日記。
by tekumaki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のトラックバック

前駆陣痛
from v a u v a ♪

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧