二児の母になる!日記

【代官山】parole

d0150644_9323760.jpg
代官山のセブンイレブンの前にある、ピンクのマンションの4階にある、
サロンです。道路に面したベランダに「parole」の旗?看板?がでているので、
すぐわかります。(http://www.parole.jp/)

kataoさんという美容師さんが独立されてお一人で運営されてます。
ご近所なので、いつも急に予約をいれて、急にお世話になっています。

kataoさんと話していると、イメージの共有が簡単、スムーズ!
そのうえ、いろいろかわいい提案をしてくれるので、行くのがいつも楽しみです。
お店のインテリアも可愛くて、勉強になります・・。

行く時は、他のお客さんはいない状況なので、ゆったりできる。
子供が生まれても、まとめてお世話になりま~す。

子供にちゃんと毛がはえてたら、ね。

いっぱいはえてるといいなぁ~。
[PR]



# by tekumaki | 2008-02-01 09:33 | まち

心音ちゃん(ここねちゃん)

d0150644_10211193.jpg
『おなかの音をきいてみましょう!「心音ちゃん」』。
先日、先輩の家にお邪魔したときに、お借りしたもの。
妊婦のお腹に聴診器をあてて、胎児の生活音に聞耳を立てる、アレです。

帰宅して、早速試すも・・・
無音ですねぇ~。(たまに、私の内臓がなにかを消化している音が聞こえる。)
「ごぉぉぉぉ」という、水中?なのか、飛行機乗ってるときの音?なのか
そんな雰囲気です。それも、ただ単に外気の音を拾っているだけなのでは・・
どちらにしても、なんだか騙された気分。

d0150644_10243547.jpg
それでもまー、ちょっと夫にも聞かせてみるか、と思い、残業で疲れ果てて夜中過ぎに帰宅した夫の両耳にイヤホン部分を無理やり装着。夫、突然の強要にちょっと疑いの視線を向けるも、差し出された聴診器を受け取る。

腹に聴診器をあてる夫。

夫、しばらく無言・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・

夫「・・・・・癒される!」

えっ 今なんて?

夫「癒されるよ~これ」

何か聞こえた?

夫「聞こえないけど」

ふーん、、、、よ、よかったね。。


心音は聞こえなくとも、そんな癒し効果が期待できる商品です。

妊娠期間中の、ともすると不安に陥りがちな夫婦のコミュニケーションに
有効なのかもしれません!!!!(・・・?)

余談ですが通販もやっているみたい。
http://www.rakuten.co.jp/rosemadame/654551/471862/442490/
[PR]



# by tekumaki | 2008-01-29 10:45 | こども

【代官山】Curly Collection

d0150644_1046441.jpg代官山の槍ヶ崎交差点にある、手作り雑貨のお店、Curly Collection(カーリーコレクション)。(http://www.curlycollection.jp/)
ベビー雑貨や、古着のリメイクのベビー服なんかが可愛くて、特に土日は沢山の若くてセンスよさそなパパママでにぎわっています。

昨日は大学の先輩に誕生したベビのお祝いに、古着のリメイクフリースをプレゼントしました(3900円)。古いDisneyのプリントが、かわいくて、即決。サイズ展開はS60cm、M70cm、L80cmとありましたが、10月産まれのベビが春先まで着られるように、とM70cmを選択。

先輩も喜んでくれて、ひと安心。

d0150644_10422854.jpgちなみに
ギフト用のラッピングは、クリアーの袋にリボンでクチを結んだもの(写真がなくてすみません)と、その上からこのピンクの紙製小バッグ。かさばらなくて、軽くて、可愛いです。
[PR]



# by tekumaki | 2008-01-25 12:15 | おかいもの

Hot mama:私、妊婦ですけど何か?

d0150644_10485583.jpg2007年7月、初めて妊娠していることが分かった時に、まず買ったもの。
「Hotmama」(アシェット婦人画報社)

結婚して半年とちょっと、子供はいつできても大歓迎!と公言していたものの、それまでは、仕事&お酒&遊びで多忙な毎日。

妊娠が分かって嬉しい反面、急に180度、生活を変えなくてはいけないかも知れない不安がもやもやと現れてきて・・

Virina(http://www.virinamaternity.com/index.shtml)という、マタニティのネット通販を運営していらっしゃる、青木愛さんには以前から注目していて、その方がこの本を翻訳されていた事を思い出し、さっそくAmazonで注文。

本の帯に「えっ妊婦ってこんなに楽しくてよかったの?!」とある通り、私たち妊婦の生活、女性の人生を中心に据えた視点を大切にしている、珍しい妊婦本です。

d0150644_10442241.jpg子供ができてしまうと、子供が最優先になるのは当たり前。とくに日本だと、母親が子育てのために自己犠牲を払うってことが美徳と言うか、美談として語られる事って多い。でも、本当にそれでいいのか?って思います。だって、そんなんじゃ子供なんて産みたくなくなっちゃう。今は、他に楽しい事いっぱいありますから。

この本は、妊婦になったって、母になったって、おしゃれしましょ、女でいましょ、出産って、こんなに神秘的なんですよ、女性の特権なのよ!ってことを、当然のこととしてのトーンで語ってくれます。

読んでいると、前向きになれます、装丁やイラストも可愛くて、上がります↑↑

著者はアメリカ人なので、つわりの対処法など、日本でよく語られるものと違うもの
もあって面白いかも。
[PR]



# by tekumaki | 2008-01-24 10:55 | ほん

2008年3月に長女のシショーを、2010年2月に、長男の坊主を出産。じんわりと「母」になっていく日々の日記。
by tekumaki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のトラックバック

前駆陣痛
from v a u v a ♪

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧